司法書士は、くらしに役立つ法律家です。

埼玉司法書士会 /

  • サイトマップ
  • リンク集
  • ホーム
  • 小
  • 中
  • 大

会員専用

公益的活動

久喜市との「災害時における被災者等相談の実施に関する協定」の締結について

当会(山嵜秀美会長)は久喜市 (田中暄二市長)と、去る7月5日、「災害時における被災者等相談の実施に関する協定」を締結しました。
当会は、地震、暴風、豪雨等の大規模な自然災害発生時に、久喜市の要請を受けて、避難所等の相談場所に司法書士を派遣して被災者等への法律相談を行います。
調印式で、久喜市長は『この協定は、本市に暮らす住民の安心安全な生活を確保する上で、大変重要な意味を持つものというふうに認識をいたしております。先の東日本大震災、あるいは最近の熊本地震などによって大きな災害、また二次災害の恐れ等改めて痛感をしている状況にございます。それぞれ私ども市役所からも東日本大震災には色々な職員を派遣しておりまして、また、熊本地震につきましても、いわゆる被害の罹災証明書の発行につきまして職員を延べで3人派遣しているような状況にございます。このような状況の中で災害が発生したときに埼玉司法書士会から相談員を派遣していただき、登記等の相談に応じていただけることは、市民にとっても、また行政にとりましても大変心強いものであるわけでございます。この協定は、当然、万が一の災害に備えるものでございますけれども、これを機に、普段から埼玉司法書士会の皆様方と久喜との絆を更に一層強めて参りたいというふうに思うわけでございます。』と述べられました。

▲ページトップ