司法書士は、くらしに役立つ法律家です。

埼玉司法書士会 /

  • サイトマップ
  • リンク集
  • ホーム
  • 小
  • 中
  • 大

会員専用

公益的活動

白岡市との「災害時における被災者等相談の実施に関する協定」の締結について

当会(山嵜秀美会長)は白岡市(小島卓市長)と、去る8月22日、「災害時における被災者等相談の実施に関する協定」を締結しました。
当会は、地震、暴風、豪雨等の大規模な自然災害発生時に、白岡市の要請を受けて、避難所等の相談場所に司法書士を派遣して被災者等への法律相談を行います。
調印式で白岡市長は『近年、自然災害が猛威を振るっており、台風による記録的な大雨、鬼怒川の堤防の決壊、熊本では2度の直下型地震があり今も多くの方が避難している状況です。白岡市では、全国市長会の要請に基づいて御船町に2名の職員を派遣しており現地調査を行っています。災害時に職員ができる被災者の支援には限りがあるところ、万全を期すため専門的な知識と経験を有する司法書士に協力してもらえるのは大変心強く、本日の災害協定締結は大変ありがたく存じます。白岡市は災害が少ないですが、災害に絶対はありません。安全な街の実現は行政のみでは限界があり、災害対策に終わりはありません。今後も協力体制の強化を図りたいと、そのように考えております。』と述べられました。

▲ページトップ