司法書士は、くらしに役立つ法律家です。

埼玉司法書士会 /

  • サイトマップ
  • リンク集
  • ホーム
  • 小
  • 中
  • 大

会員専用

新着情報

新着情報

会長就任挨拶

埼玉司法書士会のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。平成27年5月に埼玉司法書士会会長に就任いたしました山嵜秀美です。よろしくお願いいたします。

司法書士制度の誕生は古く、明治5年(1872年)に遡ります。それ以来、私たち司法書士は、「裁判事務・登記手続」を中心としてくらしの身近な法律専門家として歴史を刻んで参りました。平成12年に始まった成年後見制度においては、専門職後見人として高齢者・障がい者の財産管理にあたっております。また、平成14年の司法書士法改正によって認められた簡易裁判所における訴訟代理業務についても、会員の7割が簡裁訴訟代理の認定を受け、くらしの身近な法律家として、県民の皆様の困りごとの解決にあたっております。

会長就任挨拶

司法書士の業務は登記だけだと考えられる方も多いと思いますが、くらしの様々な法的な困りごとに的確なアドバイスができる専門家として存在していると認識していただきたいと思います。

埼玉司法書士会には、約840名(平成27年5月現在)の会員の司法書士がおります。皆様のまわりを少し探していただければ、必ず司法書士がみつかるはずです。困りごとがございましたら是非とも御相談下さい。

また、当会では、県内4箇所に常設相談所を設置し、市民の皆様から無料で法律相談を受けるとともに、市役所などにおいても定期的に法律相談を実施しております。

高校生や市民のための法律講座の開催、東日本大震災の復興支援のための相談、県内市町での災害時における法律相談を円滑に進めるための協定締結など、多様な事業を行なっております。

「くらしの身近な法律家」である司法書士を御活用下さい。

埼玉司法書士会 会長 山嵜秀美

▲ページトップ